2017年02月15日

OPTION NO.1のブラシレスモーター レビュー&組込み!

話題のブラシレスモーターを買ってみたので組込みしてみたいと思います。



定価はなんと24800円!!!電動ガン用で最も高いモーターなのは間違いない!MP5クルツ買えちゃうぜ!












このモーターは電動ガン用バッテリーでお馴染のOPTION NO.1が発売した商品です。

超絶トルクでセミのキレがすごいっていう触れ込みで、特許も取得したとか。



ブラシレスって何だよって話ですが、まず普通のモーターの内部構造は外側に磁石があって、中心に軸と一体化したコイルがあってそこに電気が流れて回転しますね。なので、金属(銅)のブラシを回転する軸のコイルに触れさせて電気を流すわけです。当然そこには摩擦が起こるので熱が発生しますし、そしてブラシも消耗していくのが普通のモーター。

コレが普通のモーターの軸になります。この回転する軸に電流を流すのにブラシを使うわけですね。







ブラシレスっていうのは構造が普通のモーターとは逆になっていて、外側にコイルがあって回転軸側が磁石になります。
普通のモーターの内側と外側が入れ替わったってことですね。


この写真はちょっと特殊なモーターですが、コイルが外側にあり、中で回るのは磁石ですので回転軸に電気を流す必要がない構造になっています。




回転軸に電気を流す必要は無いのでブラシが必要ないってことになります。

もちろん摩擦も起こらないので発熱も少なくてブラシ消耗の心配も無いので長寿命だぜ!っていうのがブラシレスモーターってわけです。
















そんで、OPTION NO.1のブラシレスモーターは更にプログラミングを施したチップと制御回路をモーターに取り付けてあり、以下の機能が使えるようになっています。


・バッテリーの残量警告アラーム

分りやすい商品名で言うなら「リポアラーム」ですね。それが内蔵されています。
どのくらいの残量でアラームを鳴らすかは選択が可能となっています。


・バーストモード
モーターの回転を制御して2点バーストから5点バーストまで設定できます。


・発射弾数の設定
付属のプログラミングボックスでモーターの回転数を制御して発射する弾数を299発まで設定ができます。
要はモーター側でリアカン設定できるってことですね。




モーターにFCUを組み付けたって感じですね。

FCUっていうのはファイアコントロールユニットの略で、電動ガンのスイッチ制御する商品群の総称になります。
Big-OutのDTMもGATEのTITANもBTCのキメラも全部FCUです。



超絶レスポンスのブラシレスモーターにFCUの機能を付けたから24800円になったのかな?(笑)


こんな風に基盤が側面に貼り付けられています、エンドベルの内側にも基盤やチップが貼り付けられています。















これがプログラミングボックスです。

設定を変えるにはグリップエンドのカバーを外す必要があります。
















で、買う前はただぶっ込めば良いだけかな~って思ってたら信号線をスイッチに取り付けないといけないらしい。

そりゃそうだよな~FCU付いてるし。
メカボックスをあけないと組み込めないってところも含めて上級者向けってワケね!










ちゅーことでメカボあけました。



青い線が信号線です。

FETと同じ配線接続にします。










プラス同士をスイッチ上で直接繋げて1本にしてしまい、空いたほうの端子に青い信号線をハンダ付けします。


















ついでに中身をすこし追加でカスタムしました。




ピストンのレールの溝に薄いプラ板を貼って左右のガタつきを最小限に抑えました。

















あと、セクターチップはプラ板で自作しました。




先日ホビーショップCZに行った際に話を聞いてたら、なんとお客さんが求める要求や銃の症状によってセクターチップは自作するというのだ。

すげーなホビーショップCZ!なのでかなり細かいチューニングが可能となっているのだ。



しかも銃の症状を見ただけでどんな形のセクターチップを作ればいいか自然に頭に浮かぶというのだ・・・・。この辺がカスタム暦25年以上の経験ですな。








私のは素人なりにタペットの形状、発射サイクルと給弾タイミングなんかを考えてこんな形にしてみました。




何年も原型師やってるのでこんなパーツ作るくらい造作も無いぜ!


とりあえずお試しで作ったのでその辺にあったタミヤの1mm厚プラ板を2枚重ねた物を加工して作りましたが、耐久性が気になるので次はABS板で作ろうかと思います。

電動ガンのカスタムの知識と技術もだいぶ上がってきたぜ!


修理するだけなら前からできたけど、カスタムってなるとまた話は別なんすよね。
















おっと、話がずれてしまった。



あと、モーターの端子は通常の差込タイプです。




私は以前、丸型の端子をモーターのエンドベルのネジに留めていたので元に戻したのでした。















因みに説明書によると次世代M4の純正グリップにこのブラシレスモーターを入れる際はこの赤い部分を削る必要があるっていうことです。
説明書の写真が見づらかったので私の方で画像を作りました(笑)





金属削らないといけないってところも上級者向けですな。

コレを削るならリューターかウェーブのヤスリスティックの120番かな。













因みに私が使っているMAGPUL PTSのEPGグリップには次世代のような突起が無かったのでそのまま使えそうです。




EPGグリップのレビュー記事はコチラ












ちょっと配線の色が変わっていますが気にしないで下さい。

シリコンコードを実験で使ってみただけなのでこの後、テフロン銀コードに変えてます。

















で、肝心なレスポンスですがやっぱりすごいですね!
パスパスパスパスと軽い感じです。

EG-30000モーターからの変化は余裕で体感できます。

ゲームで使うのが楽しみです!














で、手元にはなにやらマルイのモーターが・・・・。




次回は他のモーターとのレスポンスを比較してみますよ~。

しかもちゃんと動作音をマイクで録音してレスポンスを数値化します。




この手の商品の性能を表現するのって今まで色んなブログを見てきましたが(私も)基本的に「ウィポン!」とか「パスパス」とか擬音で表現されるだけでいまいち伝わってこない部分もありましたので私が終止符を打ちます!!(笑)

ちゃんと数値化して視覚的にわかるようにお伝えしますよ~!


お楽しみに!






ということでまた次回!





















同じカテゴリー(電動ガン VFC M4 スティンガー)の記事
この記事へのコメント
うおおおまさか大門さんが買うとは、しかもレビューまで出してくれるとは思わず驚きました!w
モーターのエンドベル付近にあたるESCも気になりますし、EG30000と比べてフルオートでのサイクルもどう変化するのか等々
次の更新で1サイクルの聴き比べがどれほどなのかを予定しているようで、何が公開されるかも含めて楽しみにしています!
Posted by G at 2017年02月15日 23:25
※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。