2015年05月21日

消音No.1は誰だ!?固定ガスガン頂上決戦!

長らく先延ばしにしていた固定ガスガン頂上決戦を開催したいと思います!



マルシンのルガーMK1 アサシンズは欠場です(笑)

そのうち買ってみたいと思います。









隠密行動時や敵の後ろを取った際には音の出ない武器が欲しいと思う時があります。

そんな時に役に立つのが固定ガスガン。






固定ガスガンというのはガスブロとは違い、その名の通りスライドが固定されています。

動作音がハンマーの落ちる音と銃口の破裂音だけになりますのでサイレンサーを取り付ければ脅威的な消音能力を発揮するのであります。










最初に消音ハンドガンが欲しいと思った時に、ブログを色々調べましたがソーコムが一番と主張する人、マルゼンP99のが静かで球筋が良いと主張する人、いろんな意見が散見されました。



今回は私がそれに終止符を打ちたいと思います。まぁ固定ガスガンの事を知りたがってる人ってそんなに居ないんですがね(笑)










ということで、頂上決戦とか仰々しく煽りましたが、あまり皆さんの参考になるような記事にはならないです(笑)




















発射音はiPhoneのSLA Liteという騒音計アプリを使って測定していきます。











こんな箱に入れてサイレンサーを出した状態で測定してみました。

室内ですと発射音よりもハンマーの動作音が大きくて、壁に反射してしまいます。

これでは正確な測定はできません。





外で撃つ場合、動作音と発射音は点音源なので球状に音波が広がっていきます。実際のゲームの場合は敵に聞こえるのは球状に広がった音波の一箇所のみ。

敵に向けている銃口の破裂音が重要なのです。

写真ではiPhoneを床に置いていますが、床から振動が伝わるのを防ぐ為に実際は座布団の上に置いて測りました。


因みにサイレンサーは全てKM規格の35スタウトサイレンサー 150mmを装着して計測。


スタウトサイレンサーの記事はコチラ









発射音の測定値がこちら

右下の赤枠で囲った所が最大音になります。




10発空撃ちした最大値になります。



数値を見る限りでは


1位東京マルイ SOCOM MK23
2位SⅡS M9
3位マルゼン P99FS







という結果に!

数値で見ると僅差ですが、実際に耳で聞いた感じでは結構違います。


やはりソーコムがダントツ!低い、くぐもった音なので静かに聞こえます。

M9はパツンと高い音。ソーコムとは2デシベルしか差はありませんが、耳で聞くと数値以上の差を感じます。

P99は数値的には最下位なものの、音は低くなっているので感覚的にはM9と同等という感じです。






ソーコムはインナーバレルが長いですし、発射方式も他の2つとは違いますので圧倒的でしたね!







とにかく音の小さなハンドガンが欲しいという方はソーコムで決まりですね!!








ですが!サバイバルゲームで「運用」を考えた場合には音だけ優れていてもダメなわけで・・・!





携行しやすいか否か、精度、装弾数などなど、あと価格!

全機種をサバゲーで使ってみてのインプレッションを踏まえてでグラフにまとめてみました。

















でーん!こんな感じ





項目についてはそのままの意味です。

価格は安い方が数値が高い。
トリガープルは軽い方が数値が高い。
扱いやすさはコンパクトなほど数値が高い。
携行性はサイレンサーを付けた状態で収納できるホルスターの種類の豊富さ。












東京マルイ SOCOM MK23




やはり消音性能、実射性能共にNo.1

しかし、大きすぎるので最早サブマシンガン並の長さになってしまっている。それに加えて重たい。
ガスガン限定戦などでメインとして使う分には良いが、セカンダリとして携行するのは難しい。

グリップも太く、トリガープルも重たいので連射がし難い。

価格もガスブロ並み。
他2機種に比べてマガジンが手に入れやすい。







マルゼン P99FS




グロックほどの大きさでコレだけの性能を出していると考えたら御の字か。
しかし消音性能はSOCOM MK23には遠く及ばず、ホップもイモネジ式なので弾が安定しない。(ホップに関しては個体差があるらしいが)

唯一の特徴はトリガープルの軽さ!その軽さたるや銀ダンエアガン並!連射も容易なのでその点は特筆すべきものがある。

専用サイレンサーを取り付ければCQCホルスターホルスターに収めることもでき、全長も短く押えられるので携行には向いている。

絶版品なのでオークションにてプレ値で買うしかないのが残念。もちろんスペアマガジンを手にいれるのは厳しい。










SⅡS M9



まず、実勢¥3800~¥4200という脅威のコストパフォーマンス。

消音性能はSOCOM MK23に及ばないがまずまずの小ささ。実際にフィールドで裏取り時に使ったことがあるが敵に気づかれなかった。

飛距離は30mほどが狙える距離だろうか、イモネジでバレル後退式にも関わらず中々の球筋なのでしっかり狙えば遠くでも当てることができる。ただし、買ってすぐの時はかなり弾が暴れていた。

直径が25mmのサイレンサーならCQCホルスターに収めることができるので携行性は悪くない。

トリガープルもSOCOM MK23よりは軽い。

常時手に入る商品だが、スペアマガジンはオークションや一部のネットショップ等で年に1,2回のタイミングでしか販売されないのが残念。

今現在は手に入る模様!
















ということでどれが一番かは決められません(笑)

メインで使うならSOCOM MK23

取り回しはP99

間を取ってM9って感じでしょうか。





SOCOM MK23を携行している人はたまに見ますが、スムーズに切り替えて使えてるのかは疑問なところ。


因みに私はP99をセカンダリとして携行してます。CQCホルスターに収めているのでスパイ戦の時なんかは切り替えて上手い事使い分けてますよ。ただ、毎試合使うわけではないですが。マガジン無くしたら終わりです(笑)




もしこれから消音ハンドガンが欲しいと考えている方にはSⅡSの固定ガスガンシリーズをオススメします。

なんたって安価です。別でサイレンサーを買っても7,000円程度ですからね!逆ネジサイレンサーアタッチメント付属してるし!


身のこなしに自信があってステルスプレイするぜって方はSOCOM MK23をメインにして戦ってみるのもいいと思います。







ということで、各ガスガンの長所短所を述べるに過ぎませんでした(笑)

とりあえず音の小ささはSOCOM MK23が圧倒的です!!音量はほぼVSR-G specと同じです。

東京マルイさんがグロックとかで固定ガスガン出してくれたら総合的に圧勝なんだけどなー!

やっぱSOCOM MK23は大きすぎる。







ということでまた次回!











  

2014年09月26日

P99固定スライドを買ってしまった!


隠密行動が好きなので静かな銃を見るとつい手が出てしまう私です。

3挺目の固定スライドガスガンを買ってしまいましたよ・・・・!

異常者と笑ってくれ・・・!













音のしないガスガンと言えば東京マルイのSOCOM MK23があまりにも有名ですが、実はマルゼンの固定スライドのP99も静かなガスガンとして一定の知名度があります。


更にはマルシンのルガーMK1も静かなんだとか。


この P99 Fixed(固定の意)は2006年ごろに絶版となっており、オークションで購入しました。

オークションでは定期的に出品されているので欲しい方はアラート設定をしておくと良いと思います。

状態の良い物だと大体10000円から15000円くらいが相場でしょうか。




因みに海外のUMAREXというメーカーが現在もこのマルゼンのP99をそのまま海外で販売していますね。














ネットで頑張って検索しても固定スライドガスガンの消音性能No.1はどれかはっきりしていない現状がずっと続いているようなので私がその疑問にピリオドを打つべく購入しましたよ。(ウソです単純に欲しいので買いました)






マルイのソーコムが最強に静か!いやマルゼンのP99が一番だ!と各ブログによって意見が様々で、両者を比べているような記事が見つからなかったのでどちらが静かなのか分らない!


因みに私はSⅡSの固定スライドシリーズを推しますが(笑)


ソーコムの記事はコチラ

















購入した時はサイレンサーが無い状態でしたので、以前購入したP99スペシャルフォースに付属していたサイレンサーを取り付けました。
銃口のネジ切りが同じなのでガスブロの物も使用できます。サードパーティ製のサイレンサーを使用したい場合はアタッチメントが必要になります。



















サイレンサーの刻印が逆側に来るのがちと残念だけど仕方ないですね~












なんでそんなに消音銃に拘るのかと申しますと、私は基本的にサバゲーでは隠密行動を主としています。

まずは開幕ダッシュして敵が布陣するであろう戦線まで先に到達し、そこで藪に潜み、5分ほどしてから動き出します。

その時私は敵の戦線に大きく食い込んでいるので発射音の大きな銃だとバレて袋叩きにされてしまうのです。


そこで必要なのが発射音が小さくて位置が特定され難い固定スライドガスガンというワケです。

敵を真横や後ろから撃っても、他の敵は私の発射音が聞こえておらず、遠くの敵にやられたものだと思うので私は隠密行動を続行することができるのであります。また、うまく裏取り出来た際も発射音が大きいとバレるので静かな銃でジワジワと敵を殲滅していきたいところです。



まぁ毎試合こんな戦い方しているわけではないのですが、単独で隠密行動をしているとこういった銃が必要な場面は一日に5回くらいはありますね。


因みに3人以上で定例会に参加する場合は違う戦い方をしますよ。














銃口を覗く。



発射方式はバレルが後退するタイプ。SⅡSの固定スライドガスガンシリーズと同じですね。

因みにマルイのソーコムはバレルは固定式で構造的にはガスブロと同じです。ブローバックしないガスガンってイメージ。


待機状態のバレル








発射状態のバレル。バレルが後退してマガジンの弾を直接チャンバーに咥えこんで発射する単純な構造。

文字だけじゃ説明不能なので構造を知りたい方はSⅡSの分解記事を見て下さい。



























コッキングインジケーターはトリガーに連動して動きます。



こういう細かいところもしっかりしているのがマルゼン!

















なんとフレームはガスブロもフィクスドも共通らしい!なのでバックストラップも取替え可能です。
























ガスブローバックのP99との比較。


上がガスブロ、下がフィクスド。



見た目じゃフィクスドかガスブロが判断つかないくらいリアルですね!





P99ガスブロの記事はコチラ














後ろから見ても全く一緒。思わずスライドを引いてしまいたくなるくらい。

























銃口側。スペシャルフォースモデルはバレルがシルバーなので判別が付きますね。でもディティールは全く同じ。

















そんで気になる初速はというと・・・!














最大初速を計測する為、温蔵庫で45度まで暖めました。

皆さんは危険なのでこんな高温になるまで暖めないで下さいね(笑)













使用機器はお馴染のX3200

使用弾はG&G 0.2gバイオBB

1:95.25m/s
2:94.88m/s
3:94.72m/s

かなり高い数値がでました。


ギリギリ!人肌くらいまで温度が下がってから測ってみると大体90前後に落ち着いた感じでした。




あとなんといってもトリガーが軽い軽い!固定スライドっていうとソーコムみたいにトリガーが重いイメージなんだけどもP99はビビるくらい軽いです。こんな軽いのに初速90m/sの弾が出るのが信じられないレベル。


これは早くゲームで使いたいぞ。














詳しいレビューなんかはまた今度詳しく書いていきますよ~!





























さぁ~盛り上がって参りました!!!固定スライドNo.1は誰だ!?



近いうちに検証します!


















ではまた次回!





















  

Posted by 大門団長 at 21:50Comments(3)マルゼン 固定ガスガン P99