2017年03月27日

東京マルイ HK45タクティカル 【ガスコキ化・分解】

千葉に来て12年ですがこんなに寒い年度末は初めてではないでしょうか。

寒すぎて風邪ひいちゃうよ!













前々から書いていましたが東京マルイのガスブローバックHK45タクティカルは完成度が高くてガスコキにも最適な機種だと睨んでいたので実際にガスコキ化してみたいと思います。

























【告知】

本日3月27日発売のPEACECOMBAT誌の中で大門団長が2つの記事に載っています!



1つは新コーナー「大門団長の大量破壊コラム」

本号より1年間コラムを書かせてもらうことになりました。
今までブログでやってきたオリジナリティのあるカスタムを誌面上でやっていきます。

今回は東京マルイのガスショットガンKSGを冬でも使えるような夢のカスタムを施してみました!




ピースコンバット誌で掲載した内容を4月末頃に当ブログで補足します。
誌面を読んでないと分らない内容になるので要チェック!







もう1つは前号に引き続き松嶋えいみさんのコーナーにて大門式サバゲー術を紹介!

今回は【アウトドア編】ということで私の真骨頂です(笑)

外で私がどのような思考で行動しているか、どのようなテクニックを使っているかを紹介しています。

今までどのメディアでも紹介されていない技術を紹介しているのでガチ勢も装備系もエンジョイ系もみなさん知っておいて損はない内容になっています。




定例会で使いたくなるようなテクニックを凝縮!



ホントは連携とか匍匐の仕方とかいろいろあるけど誌面で伝わりやすいのをピックアップしました。
タクトレとかそういう実銃系の技じゃなくてサバゲーに特化した技術なのでリアル派の人には受け入れられないと思いますが(笑)


知ってるのと知らないとでは全然違います。

更に実践するとしないとでは月とスッポン!



他にも面白い記事が沢山載ってますので面白いですよ~是非ともピースコンバット誌を宜しくお願い致します!

















てなワケでHK45タクティカルを分解しつつガスコキ化の方法を紹介していきましょう。


ガスコキって何?って方は過去の記事を参照してみて下さい。





まずは説明書にも載っている通常分解を行います。

スライドを画像の位置まで引いてスライドストップを引き抜きます。




















指で引っ張るだけで抜けますよ。ちょっと最初は引っかかる感じがしますが小刻みに揺らしながらグッグッと引っ張れば抜けます。


























内部を引き抜く必要があるので反対側のスライドストップレバーも取ります。





フレームから出ている突起を避けるように上にずらしてから引き抜きます。


















この辺から東京マルイのアフターサービスは受けられなくなるので自己責任にてお願い致します。



2箇所のネジを外します。






















そうすると内部フレームが外れますので少し浮かせてノッカーロッカーを取り除きます。



















ノッカーロッカーとノッカーロッカースプリングはラジオペンチなんかで摘んで引き抜けばOK。























次にハンマースプリングを短くする作業に移りますのでグリップパネルを外します。

これも通常分解の範囲内ですね。




ピンをポンチで叩いたらパネルが取れます。



















ハンマースプリングユニットを取り出します。




常に温かい気温の中で使うのであれば1.5巻程度を切ります。

寒い中でも使うのであれば3巻き程度切ります。



小まめに切っていって自分の好きなところで止めてもらえればOK。


私は夏用と冬用のスプリングを2つ用意しています。

スプリングの全長を短くするほどに初速が低下していきますが、寒くても撃てるようになります。

長ければ高初速になりますが、マガジンが少し冷えただけで生ガスが吹くことになります。



因みにガスコキ化で法定初速を超えることはありませんのでご安心を。
マガジン内の気化室の容量とインナーバレルの長さの関係で超えないのです。電動ガンのシリンダーとインナーバレルの関係と同じです。

インナーバレルを伸ばすと危ないですが、今の所HK45用のロングインナーバレルって無いと思うので問題ないでしょう。


















次にピストンアッセンブリをカスタムしていきます。




リコイルスプリングとアウターバレルを外し、更にブリーチをスライドに固定しているネジも外します。













スライドのガワを思い切ってグイッっと広げてやるとブリーチが外せます。




















ピストンヘッドと台座、ネジを外しておきます。

ピストンヘッドはツメでプリッと取れます。
























ガスルートの新造をしていきます。

なぜこのカスタムをしなきゃならんのかってのはこの記事を参照してください。




こちら側からピンを叩いて抜きます。
















ガスをブローバック側と発射側に振り分けしてコントロールするパーツが取れました。




















外径7ミリ、内径5ミリのプラパイプを13ミリにカットします。




使用しているプラパイプはコレ














切ったパイプをピストンカップ内に入れて、瞬間接着剤で固定します。

流し込みタイプだと余計なところに流れていくので高粘度タイプがオススメ。




私はコレを使いましたが、量が多くて普通の人は使い切れないと思うので透明なゼリー系でいいと思います。















エポキシパテでガスルートを作っていきます。




エポキシパテってのは固まるとプラスチック並みの強度になる紙粘土みたいなもんです。

このエポキシパテは2つの樹脂を混ぜると化学反応を起し、3時間で硬化します。
60度くらいの気温の中に放置すれば1時間で硬化します。

原型でよく使われる材料ですが、原型師の中にはこれをオーブントースターに入れて強制的に硬化促進させる猛者も居ます(笑)




まぁエポキシパテって書いてあれば何でもいいと思います。硬化時間は3時間から12時間のものまであるので注意ね!














極小スパチュラや棒なんかを駆使してガスルートを新造しました。




ガスルートを新造するとしないとでは初速が20m/sも違います。


















1.5mm径の真鍮線を54ミリにカット。




















カットしたものをスプリングが入っていたところに入れます。




コレを入れないとダメなんです。

ダメな理由は文章で説明しにくいので飛ばします(笑)
























次はショートストローク化を行います。

手動でコッキングして次弾を装填するのですが、フルストロークである必要はありません。

弾を装填するだけならショートストローク化した方が引く距離が短くなって楽なのです。連射もやりやすくなります。



外径10ミリ、内径8ミリのプラパイプを31ミリの長さにカットしてリコイルスプリングガイドに入れます。



先にパイプを入れてからスプリングの順番です。
















ショートストロークしたわけなのでスライドストップがかからなくなります。

ショートストロークの状態でもスライドストップが掛かるように加工していきます。





HK45は実は内側に亜鉛合金のスライドストップが付いていて耐久性に優れています。








ショートストローク化ではこのせり上がってくるストッパーが掛かるようにしなければなりません。















このスライドの内側についている金属パーツの一部分を削ってストップが掛かるようにしていきましょう。

















削る場所の寸法はこの通り。




深さは2.5ミリです。


いつもの超硬ビットで削れます。
















加工したパーツを全て元に戻します。



リコイルスプリングがちょっとたわんじゃってるのでスプリングも切っていいかも。

スプリングを切るとカマすスペーサーは少し長くしなきゃいけないのでその辺は現物合わせで頑張ってみてください。

スプリングは切らなくても今の所問題はありません。見た目と気持ちの問題かな(笑)

















スライドストップレバーを入れる為に切り欠きを1ミリほど延長します。




















矢印の所にも切り欠きを追加して完成!




















マガジンの方も加工していきます。

ショートストローク化をするとノーマルマガジンのリップでは抜弾抵抗が高すぎてスライドが閉まらなくなるのでリップから弾が抜けやすいように加工します。





リップはこのような形にして弾が抜けやすくします。

形状と削り具合は現物合わせで行ってください。普通のデザインナイフやアートナイフでカット可能ですよ。



個人的にタミヤの黒いアートナイフよりもオルファのアートナイフの方が机の上で見つけやすいのでオススメ(笑)

















ついでにマガジンのバルブも加工してボアアップを行います。

















リューターでこのように削ってガスの吐出量を増やします。

真鍮のバルブでコレをやると締めるときに気をつけないとスポークが折れ曲がるので細心の注意が必要。




ライラクスやタニオコバのバルブと同じような効果になります。



因みにガスブロだとこの加工は殆ど効果は感じられません。

体感できないレベルでブローバックスピードが上がり、初速も微妙に上がりますが誤差のレベル。

ブローバックスピードも初速もガスの冷え具合で全然変わるので体感できる人は少ないでしょう。





ガスコキなら全てのガスを発射エネルギーに使えるのでこのバルブの場合だと初速が2~3m/s程度向上します。

加工したマガジンとノーマルマガジンを温蔵庫で同じ温度にしてテストした結果です。


















で、ガスコキ後の初速はコチラ。




ハンマースプリングは夏用の強め
マガジンは32度に暖めてる状態
使用BB弾はSⅡSのプラ弾
計測機種はX3200





まぁゲーム中にマガジンを32度で保つのは不可能ですから戦っている最中は大体83~85m/sに落ち着いています。

あんまり初速高くするとマズルから発せられる破裂音が大きくなるからガスコキの最大の利点である消音性が失われるのでせいぜいこのくらいが限度かなと。









いや~いろんなガスブロを分解してきたけどHK45が一番完成度高いね!

分解しやすいし、耐久性のある構造になっているので見た目が気に入るのならHK45オススメ。



あと、ガスコキでオススメな機種は大型ピストンカップを搭載しているやつですね。

大型ピストンカップってことはマガジンもでかい=気化室も広くなっているので初速が稼ぎやすいです。

ハイキャパもいいですね。

あとはサイレンサーをつけられるかどうかも重要なポイント。



大体の機種はサードパーティからM14逆ネジが切られたアウターバレルが売られているのでそれを装着すれば問題ないです。


それらの点を全てクリアしているのがHK45タクティカルっていうわけです。





裏取り時に敵に悟られることなく次々と敵を倒すという離れ業が可能になります。

ソーコムよりも音が静かで、シアが軽いので遠射時もブレません。

連射速度もトリガーの重いソーコムと比べると遜色ないですね。頑張れば秒間2発いけます(笑)












ということでまた次回!










  

Posted by 大門団長 at 22:09Comments(0)ガスブロ HK45 タクティカル

2017年01月25日

東京マルイ HK45 タクティカル レビュー&インプレ

さて、待ち望んでいたHK45タクティカルを手に入れたのでレビューをしてみたいと思います!



ガスコキが地味に認知され始めていて、かなり多くの依頼を頂いて様々な機種をガスコキ化してきたのですがその中でも一番完成度が高い&ガスコキに向いていると思ったのがHK45でした。

そんで、この度東京マルイからサイレンサー付きのHK45が出るっていうことでこれはもうガスコキ化するしかねぇ!

予約して買いましたよ。



ガスコキって何だ?って方は過去の記事を参照してみて下さい。





まずは外箱から!

それなりに高い買い物なので箱のかっこよさってのも重要なんですよ。店頭で箱に手を触れた時点から・・・いや、この箱を視界に入れた瞬間からエンターテインメントは始まっているのだ!

つや消しの外箱が高級感漂わせてますね。やっぱエアコキと同じツルツルの箱じゃあちょっとね!高い金出して買った満足感ってのは違う気がしますよ。





















今回は専用サイレンサーが付属しているので箱が一回り大きいんですよ。

普通サイズの電動ハンドガンM9A1の箱と比べると分りやすいでしょうか。



















ご開帳!

おお~いいっすね!箱を開けた時のグリスの油っぽい香りと発泡スチロールと印刷してある紙の匂いが混ざった感じ!?もーたまらんですね。

私くらいの上級者になるとエアガンを嗅覚でも楽しむようになるんですよ。
テイスティングってやつです。

箱を開けてすぐに手にとってしまうようじゃまだまだ!!

味覚まで使う奴はいきすぎています。変態です。
















出してみました。

HOP UPのタグは勢い良く引きちぎるのが俺のジャスティス!



タンカラーのフレームがイカす!

スライドから飛び出したネジ切りマズルが"仕事人専用"感をかもし出しています。














別に私はHK45自体のデザインに対しては可も不可もなく・・・といった印象なんです。

何にそそられるかっていうと随所に散りばめられた機能美なんですね。「こうしなければダメな理由があるからココはこういう形をしている」という説得力を垣間見れるとカッコ良く感じるんです。

特にグロックとかもそうですね。「なるほど!だからそういうデザインなのか」っていうのが分った瞬間にかっこよく見えるのだ。

ぶっちゃけ見た目のデザインだけで言うならPx4とかM93Rとかのが好きです。

















マガジンはブラックのHK45と共通です。















マガジンバンパーには刻印が入っており、薄いシボ加工につや消しコーティングでキメてあります。



ガスブロはどっちかというとコレクション要素が強いエアガンなのでこういう細かい演出は重要ですね。



























フレームはTANカラーの成型色につや消しコーティングを施してあります。

この写真では肉眼で見たのと同じに色味を変えています。(モニターによって差有り)




あれです、いつものマルイのTANカラーの色そのままって思ってもらえれば大丈夫です。

使っているとつや消しコーティングが剥がれてツヤが出てくるんじゃないでしょうかね。

















もちろんグリップパネルも付属しています。




私は細い方が握りやすいですね。



















HK45 タクティカルにはサイレンサーを装着していない時の為のマズルプロテクターってのが付属しています。

カッコイイ箱に入っています。「こういうムダな箱要らないから安くしろ」っていう意見をたまにネット上で見かけますが、マジでわかってないですね。こういう演出を楽しめる感性を持ってこそ大人。

普通にかっけーじゃんこういうの。



サバゲーですぐ使うから要らないってのは分らないでもないですが、ガスブロを購入する人のほとんどがサバゲーマー以外の人なのでこういう演出は必要なんですよ。
















マズルプロテクターを装着してマガジンを挿入した状態がコチラ。




グロックもサイレンサーのマズルプロテクターをつけている状態が結構好きです。

















サイトピクチャーはこんな感じ。

3ドットのホワイトです。




大体の銃ってこれですから他の銃から乗り換えの人も違和感無いかと。





















で!

こちらがメインディッシュの専用サイレンサー!!





直径30mmで長さが123mmでした。

重量は59gと非常に軽量!!

















KM企画のフェザーウェイトサイレンサー110/ø30と比較するとこんな感じ。


ほぼ同等ですな。





















装着!!

おお~かっけぇ!やっぱサイレンサー付けた銃はかっこいいな~。ウチにある銃は大体サイレンサー付いてます(笑)















なんかイジェクションポートが見えるコッチサイドの画づらの方がカッコいいね。





映画とかだとサイレンサー付けた銃って「パキャ!パキャ!」みたいな独自の音でいいんだよね。普通じゃないっぽさが。

















ホールドオープン!!

もうこの状態がサイコーにかっこいいね。

ティルトバレルでマズルが跳ね上がってる感じが更ににそそるね!





銃口とイジェクションポートから煙が出てたらもうご飯3杯イケるね!















ガスコキ化してしまう前に実射しておきました(笑)



デコッキングレバー使えって突っ込み無しね!だってマガジン抜いた状態ならトリガー引いたほうが早いし!

マック堺さんもマガジン抜いた後はトリガー引いてデコックしてたし!










サイレンサーのマズルはこういうデザインになっています。




















ネジ側はこんな感じ。

クイックデタッチャブルっぽいデザインですが、普通にネジ込み式ですね。


























では気になるサイレンサーを分解!!

なんとサイレンサーの中身がいつもと違うではないか!



マルイの今までのサイレンサーはウレタン素材のいわゆる「スポンジ」だけでした。VSR G-Specなんかはバッフルで仕切りなんか入ってたりしたんですけど、今回のサイレンサーにはいつもと違う高密度発泡ウレタンが入っていました。


なんでこういう構成にしたんだろ?マルイの技術部でいろいろ試した結果これが一番音小さくなるってことなのかな。


スポンジでエアーを受け止めて前後の高密度ウレタンで音を遮断しているって感じなのかな。

よく分からないけどサイレンサーの中身を変えてきたのにはビックリです。


















同じ運用思想を付与されていたMK23とのツーショット!!




HK45の方が全てがコンパクトになっていますね。

HK45はグリップも握りやすくてかなりイイ感じです。


















そんで、気になるマズルのネジですがソーコムMK23と同じM16の正ネジでした。




出来ればM14逆ネジがよかったけど、45ACP弾を使う銃だからM16になるのは仕方ないよね。



KM企画のMK23用マズルアダプターを使えばM14逆ネジに変換できますので他のサイレンサーやトレーサーが使えます。





ライラクスからもMK23用のマズルアダプターが発売されていますが、ライラクスのはM14正ネジになりますので注意!













SOCOM MK23 固定スライドにHK45タクティカルのサイレンサーをつけてみました。




スライドとサイレンサーの間に隙間が無いのはイイネ!でも見慣れないせいもあってかアンバランスな印象に。



















今度は逆にHK45にSOCOM MK23のサイレンサーをつけてみました。




なんかサイレンサーがでか過ぎる気がするけど似合うな!










サイレンサー付きってことで普通のガスブロより値は張るけどかなりオススメできる機種ですぞ!


ということでまた次回!
















  

Posted by 大門団長 at 21:31Comments(0)ガスブロ HK45 タクティカル