2016年08月22日

ショットガンに似合うサイト選手権!

先日購入したTRUGLOドットサイトをしまおうとして引き出しを開けてみると、まぁ~あること光学機器が!





ちゅーわけでいっぺんに出してみました!

どのサイトがショットガンに似合うか試しに全部乗せてみたので皆さんのドットサイト選びの参考になれば幸いです。




COMP M2とホロサイトがもう一個あったのですがそれらは売ってしまいました。


















24日水曜日にSTINGER定例会行いますので是非来て下さいね~!



平日定例会では昼食は各自でご用意下さい。

ご来場お待ち申し上げております!



























まずは先日手に入れたばかりのTRUGLOドットサイト。

まぁまぁ似合いますな!




デザインも奇抜でカッコいいし、非常に出来が良いのでオススメできるサイトです。


TRUGLOドットサイトのレビューはコチラ


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

HY9300 TRUGLOタイプダットサイト
価格:4980円(税込、送料別) (2016/8/22時点)
















お次はオープンサイトの傑作、C-MOREドットサイト。

これはもう鉄板ですな!文句なしに似合います。っていうのも結構M3にコレを付けてる人が多いから見慣れてるってのもあるかもしれません。




C-MOREは軽いしめっちゃ見やすいのでレプの中ではオススメですね!アサルトライフルにも似合うし。

欠点はキルフラッシュが取り付けられないのと電池の消耗が早いことでしょうか。


C-MOREドットサイト関連の記事はコチラ





















同じくオープンサイト。

これはライラクスのドクタードットサイトです。




一見すると存在感がありませんが、アリですね!

ただ、このサイトはドットが見える視野角度が狭いので慣れないと使いこなすのは少々難しいですね。


ドクタードットサイトの記事はコチラ

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

【LayLax(Quintes sence)】ダットサイト EVIL LILLER 08
価格:12221円(税込、送料別) (2016/8/22時点)





















ホロサイトEXPSは色が黒ならアリかな~という感じ。

別にそこまで変じゃない気はするけどやっぱりオープンサイトのが似合うと思います。




ホロサイトを乗せるならやっぱりライフルかな!

SD-30を買ってからは一切使わなくなりました、ホロサイト。

視界が広いのは良いのですが、使用するバッテリーがCR123だからランニングコストが掛かるのといまいち信頼性に欠けるので私の中では戦力外に・・・。



ホロサイト関連の記事はコチラ

























次はサイトロンジャパンのSD-30+東京マルイのハイマウント




個人的にはあんまり好きなスタイルじゃない感じ。


そもそもショットガンにはチューブ系は似合わない気がする!でもマウントベースを使えばアリかな?


SD-30自体は1万円台で買える実銃用のサイトなので今回紹介する光学機器の中では文句なしの一番です。

昼間のピーカンでもドットがハッキリと見えるくらいの輝度があるし、完全防水で衝撃にも耐えれる。
エアガンにはオーバースペックなサイト。

デザインが許容できるならば一番オススメ!コレ1つ買えば他に何も要りません。


SD-30の記事はコチラ
























懐かしのCOMP M4。

なんかゴツい!う~んちょっとデカすぎかな?




そういえば最近はフィールドでもCOMP M4って見なくなった気がしますね。あとエルカンスペクターもほぼ見かけないです。

このサイトはレンズが暗すぎるし重いので個人的にはオススメしませんね。ただ購入したのが5年前なので最近のロットだとレンズの明るさは改善されてるのかもしれません。

単三電池が使えるのは素晴らしいです。



COMP M4の記事はコチラ



COMP M2の記事はコチラ

























T-1ドットサイトはチューブサイトだけどアリですね!




T-1を装着して分ったのはショットガンにはある程度コンパクトな光学機器ならアリってことですかね。

このサイトはチューブ系の中では比較的軽いのですが、輝度が低いので直射日光の下だとドットの視認性が悪いのとゼロインの幅が狭いのが結構致命的。パララックスの大きい銃には向きませんね。


完全分解して分ったのですが、そもそも構造に問題があるので私の中ではちょっと・・・。っていう感じです。今はもう退役してしまいました。
形はカッコイイんですけどね。

T-1ドットサイト関連の記事はコチラ



























最後はまさかのスコープ!




これはねーな!と思いましたが、ショットガンのシルエットがスナイパーライフルに近いので意外とありかも(笑)

サバゲーにおいてもショットガンは1発必中に重きを置く銃なのでスコープはアリかも。


このスコープはリーパーズというメーカーのスコープで廃盤になった東京マルイのイルミネーテッドショートズームズコープのOEM品なので非常に見やすいです。

アイレリーフが8センチもあるのでゴーグルを着用していても普通に使えます。

恐らく費用対効果が一番高いスコープでしょう。



リーパーズスコープの記事はコチラ






















ということでまた次回!











  

Posted by 大門団長 at 20:58Comments(4)ショットガン

2016年07月27日

東京マルイ ショットガン M3 ショーティー③ トップレール

前回に引き続きショットガンをカスタムしました!




今回はトップレールの取りつけです!




これで香港マニアさんのブログに載っていたやつをほぼ完コピだぜ!




後は自分色にしたいから無駄にライトとかつけちゃおうかな!あとサイレンサーとか(笑)



ではどうやってトップレールを付けたかを紹介していきますが、その前に告知です!













8月7日にインドアフィールドSTINGERの定例会を行います!





ゲーム性を維持する為に定員を50名に設定してます。
優先予約も受け付けているので参加が決まっている方はご予約下さい。
電話・公式LINE・予約フォームから受け付けております。

遊びに来て下さいね~!


サバイバルゲームフィールドSTINGER公式HP












あと!


元あやまんJAPANで恐竜アイドルをやっているTVタレントの生田晴香さんとサバゲー番組をやることになりました!

初心者向けというか、サバゲーに興味あるけど始め方が分らない人向けの内容になっているので当ブログを見るような方にはあまり面白くないかもしれません。





因みに予算の都合もあるので続くかどうかはわかりませんっ!(笑)

応援よろしくおねがいいたします~!!
























てなわけで!




トップレールの取りつけやっていきますよ~!


M3ショーティの分解記事を書いているブログを幾つか見ながら作業しました。


私の方でも分りやすく押えておきたいと思います。




まずは銃を裏返してフォアグリップのネジを2箇所外します!










そうするとフォアグリップの右側だけ外せますので矢印の隙間にマイナスドライバーなんかを差し込んでこじります。
















右側だけパカっと外れました!




もしかしたら結構固くて外れ難いかもしれませんので、そういうときはネジを外した側からもドライバーでこじって下さい。

多少のキズが付くことは覚悟の上でね!(笑)














右フォアグリップを外したところを見ると+ネジが3つ見えるのでこれを外していきます。


















ネジを外したら左側のフォアグリップも取れます!




分解系の記事では毎回書いていますが外したネジは絶対に無くさないよう、タッパーなんかに入れておきましょう!

あと、ネジの長さも微妙に違ったりするのでスマホなんかでネジを外す度に写真を撮って分るようにすると吉!















次はこのネジを外します!




反対側にも付いているのでそれも外します。














両側のネジを外したらこのパーツを少し前にズラします。














そんでグリップも外して裏側を見ます。




赤い線が銃の中身とガワの境界なのでここにドライバーを突っ込んで少し広げます!

















広げながらガワを上にズラしていくと・・・
















このパーツが勝手に取れます!









というか、手順を説明しているブログにはこのパーツの事が書いてなかったのでガワを外そうとしたら事故的に割れました(笑)














このパーツは接着剤で取り付けられていたので、タミヤのエナメル溶剤やアセトン系の溶剤を筆で流し込んで接着剤を溶かしてからデザインナイフ等を隙間に入れて取るのが正解でしたね!




少し変な割れ方をしてしまいました(汗)




















そんなこんなでガワを取り外すことができました!
















この排莢口ですが・・・・

















なんとセロハンテープとエポキシボンドで貼り付けてあるだけだった~!














まぁそれはいいとして






















早速レールの取り付けに入りますよ!




以前購入したAABB製ピストルグレネードランチャーに付いていたトップレールです。


















で、どのブログを見ても肝心な取りつけ方法が書いていなかったのでここからは大門流です。

エアガン系のブログを見ているとこういう大事な部分を内緒にしてしまう方が非常に多いです。

M3ショーティにレールを取り付けるのって定番カスタムだと思うけど、ちゃんと紹介するのは当ブログが初めてじゃないかと思います。

結構調べても詳細に記述してる記事は出てこなかったので。




とりあえずレールを乗っけて穴の位置を確認して細いピンバイスでグリグリしてアタリをつけます。




私は家にあったテキトーなレールを使いましたが、これからやる方は普通に東京マルイから発売されているG36用サイドレールみたいな物でいいと思います。




ただ、G36用レールだとC-MOREみたいに長いレールを必要とするドットサイトはレールが足りない場合があります。

各社から様々な長さのレールが沢山発売されていますので調べるとすぐ出てきますよ。














で、最初は1mm程度の細いピンバイスで穴をあけてから2mm、3mmと太くしていきます。




私は4mm以上のピンバイスが家に無かったのでリーマーという道具で穴を広げていきます。

















ほんで、今回はこのネジとナットを使って留めようと思います。




ホームセンターで売っているM6規格のネジです。

M6ってのはネジ部分の太さが6ミリって意味ですね。
















穴を6mmまで広げてレールをボルトオン!















やったぜ!
















で、ガワを銃に取り付けたらなんと裏側のボルトが飛び出しすぎていてハマらないという事故!




もうね、悲しいよ僕は。









色んなブログ見たらみんなネジで留めてたのにそんなこと一言も書いてなかったんだが!!!!ねぇ!









しかもネジが干渉するのはシリンダーなので本体側を改造するのは不可能!














という訳でボルトはガワに埋め込みましたとさ!




穴はデザインナイフで地道に削り広げ、ボルトが入る6角形にしました!










で、ガワよりボルトの方が厚みがあったのでグラインダーで削って薄くしてます。




ガワとツライチにまでしました。







このアンビルバイスでボルトを挟んで・・・









このグラインダーでボルトを薄くしました!












意外と10分程度で終わりました。








ボルトは埋め込んだら、ガワとの隙間に瞬間接着剤を大量に流し込んでガチガチに固定してます。



このように隙間に瞬間接着剤を流し込むときはハイスピード系の流動性が高いものを使いましょう!

アロンアルファでもサラサラタイプとか色々あるので気をつけて下さい。








ボルトを埋め込む以外だと、タップでねじ切りするのが早いかと思います。



ただ、ガワが3mm弱しか厚みが無いのでタップじゃちょっと強度的に不安な部分もありますが、ドットを乗せるくらいなら大丈夫かなーと思います。
















これでようやく一件落着というわけです。




C-MOREめっちゃ似合う~!

戦でコッキング限定定例会やってるからもって行きたいー!


戦公式HP












ということでまた次回!
















  

Posted by 大門団長 at 22:01Comments(2)ショットガン

2016年07月21日

東京マルイ ショットガン M3 ショーティー② ストック移植!

えー、サバゲでショットガンを使うと仲間から怒られる大門団長です。


まぁ確かにコッキング限定戦でもなければショットガンは不利ですからね!特にブッシュ戦なんかは。

多少時間をかければショットガンでも何とかなるんですが、私みたいなアタッカーは手っ取り早く目の前の敵を倒してどんどん前に進まないといけない役割なので連携できる仲間が居る時は電動じゃないとダメですね(笑)

ソロプレイならショットガンでも良いかなという感じ。












そんな東京マルイのM3ショーティですが、S&Tのベネリ M4 ショットガンのテレスコピックストックを移植しましたのでその様子をば。





とりあえず香港マニアさんのブログに載っていたショットガンに一歩近づいたぞ!




















東京マルイのM3ショーティにテレスコピックストックを付けるのって定番カスタムだと思うけど、詳細にやり方を説明しているブログってほとんど見たことが無いので当ブログで押えておきます。





まず、このストックを付ける理由です。

M3ショーティだとストックが無いから遠射時に狙いづらいけど、M3スーパー90の固定ストックだと長すぎる!っていうのでこの伸縮式のテレスコピックストックが候補に挙がるわけです。というか単純にこのストックはカッコイイ!




そんで、このストックはG&Pから単品で発売されているのでそれを買ってM3ショーティに付けるか、S&TのベネリM4 テレスコピックストックモデルを買ってきて、ストックだけを取り外してM3ショーティに付けるという2パターンがあります。





G&Pのはストックだけで1万円もするのでほとんどの人はS&TのベネリM4 テレスコピックストックモデルから取り外してM3につけてますね。

S&TのベネリM4シリーズは本体の実勢価格が6000~7000円程度ですから当然こっちを選びますよね~!














ちゅーわけで施工方法など書いていきますよ!加工作業が苦手な人にはちと難しいかも!










まずはS&T ベネリM4のストックとグリップを外す作業から!

チークパットのネジを3本外してしまいます。


















お次はこのピンを下から叩いて取ります。




ドライバーなんかをあてがって、金鎚で叩くと抜けます。











本当はピンポンチとかでやるんですが、ドライバーでもOKです。

抜けりゃいいんだよ!























お次はストックの基部を取ります。電動ガンで言うストックパイプですね。

基部は6角ネジで取り付けられており、長いドライバーが必要となりますが、6角で長いやつなんてそうそう売ってないので普通のマイナスドライバーを使います。





私が買ったのはこちらです。












ただ、このままでは根本の6角ネジを回せないので少しドライバーの両サイドをヤスリで削ります。




赤い線のラインで削って、先端が少し短くなるようにします。

別にヤスリじゃなくてリューターでもいいと思います。













そうするとこのように・・・












マイナスドライバーで回せるようになるのだ!





















これでストック基部が外せます。






















次は東京マルイのM3ショーティのグリップを外してこの棒を切ります!




グリップは普通の6角レンチで外せます。











どこかの記事で棒の根本を1センチ残して切って下さいと書いてあったので写真ではその通りに切りましたが、根本から全部切り取って大丈夫です。
もしかしたらG&Pのストックだと根本を残さないとダメかもです。




いつも使っているウェーブのレザーソーが作業机のどこかに紛れて探すのが大変だったのでエッチングソーで切りました(笑)
このノコギリすっげー高いんすよ。


プラスチックを切るならウェーブのレザーソーかタミヤのクラフトのこをオススメします。



タミヤの600円の安い方のノコギリは刃が弱くてすぐ曲がってしまうのでオススメしません。
アレは5mm以下のプラ棒を切る用なのでエアガンの作業には耐えられないのです。




















そんで、これがS&T ベネリM4から外したグリップの裏側。


このままではマルイのM3に取りつけが出来ないので赤色で塗りつぶした4ヵ所のリブをリューターで削り落とす必要があります。




できればリューターは安くてもいいので電源式のものがオススメ。





で、ビットはこれが最強。




プロモデラーの私がオススメするので間違いありません。


プラスチックは溶けることなく削ることができ、真鍮、アルミ、亜鉛合金も余裕です。

作業机でのメインウェポン。















こんな感じにザックリ!

















で、棒を切ったマルイのM3に先ほどのグリップを取り付けるとこんな感じになります。


















青い部分が切り取った棒の断面ですが、この断面が赤く塗った部分より奥にある状態にします。

















このように棒が飛び出ているとストック基部が取り付けられないのでNG!
























ではストック基部とグリップを本体に取り付けます。























先ほどのドライバーで普通に締めればOK!
























あとはストックを戻します。

ピンを金鎚で打って・・・・



















チークパットを取り付けます。


























これで完成!!!






おお~やっぱテレスコピックストックはカッコイイなぁ!























とりあえずヴィッカーズスリングをつけてみました!実物ですよ!




コッキング限定戦の時はガスコキとショットガンを使い分けるのでスリングは必須なのです。


ヴィッカーズスリングの記事はコチラ


戦と戦国でコッキング限定戦をやっているので電動の戦いに飽きた方はぜひ!





ストックは付けたから次はトップレールの取りつけだな・・・!それはまた今度!


































ところで、私が運営するインドアフィールドSTINGERのすぐ近くにガングズローバというエアガンショップがあり、行ってみたので紹介します。

















フィールド同様にエアガンショップも近年増加傾向にあり、ガンズグローバさんも最近できたばかりのショップですね。

ロシア装備を猛烈プッシュすることで他のエアガンショップと差別化を図っているそうです。


壁にはAKをはじめとする東側の銃火器がびっしり!!
















装備関連もロシア!




ロシア系の装備が充実しているショップはほぼ皆無だと思いますのでロシア好きの人は一見の価値ありです。










ハンドガンや光学機器の取り扱いもありました。


















店舗面積は秋葉原のエチゴヤと同じくらいかな?ほんの少しガンズグローバのが広いかも。

定番商品も揃っていました。























個人的に良かったのは電動ガンの内部パーツが結構豊富だったこと!




















実店舗ではほとんど売っていないマルイガスブロマガジン用の注入バルブを見つけたので5個も買ってしまいました(笑)

M92Fのマガジンがガス漏れしてたから丁度よかったのです!




店員さんとはスプラッシュツアーのイベントでサバゲーを一緒にしましたが、若くて腰の低い方々だったので気軽に話しかけてみてください。





ガンズグローバのHPはコチラ













ということでまた次回!