2018年10月10日

マルゼン ショットガン CA870 #2 初速アップ! 【組立編】

【分解編】の続きからです。


今回は【組立編】ということで出来るだけ分かりやすく書いていきます。






ではやっていきましょう。




ノンばいーん!!をスプリングガイドに入れます。スプリングのピッチが短い方がスプリングガイド側になります。



スプリングガイドに対してスプリングの内径がかなりタイトになっているのでグイグイ押し込んでいきます。

恐らくスプリングガイドとスプリングの隙間を無くすことでスプリングが伸び切った時に震えないようにしてバネ鳴りを抑えるのだと思います。



ただ、隙間が全く無くてタイト過ぎるのでそれが抵抗になってピストンの前進スピードが落ちるような気もしないでもないのですが、どうなんだろう。

スプリングガイドが摩耗してきたらフリクションフリーになって前進スピードが向上するので初速もほんのり上がってくる気がしますが、その頃にはスプリングがヘタってきてるからプラマイゼロになるのかな?(笑)












メカボックスに取り付けていきます。


まずはシリンダーとピストンを取り付け、スプリングをピストンに突っ込んでからスプリングガイドをメカボックスにハメます。



作業すると分かりますがスプリングガイドはメカボックスにバチピタでハマりますので弾ける心配はありません。


この時にシリンダー内にシリコンメンテナンススプレーを吹いておくと良いです。

CA870のピストンヘッドはカップ式なので粘土の高いグリスではなく、シリコンスプレーが適しています。


ただしシリコンスプレーは乾きやすいので半年~1年くらい使ったらメンテナンスしましょう。



















コッキングバーの突起はシリンダーとピストンの間にくるようにしておきます。














次にややこしそうに見えるトリガー周りを組み立てていきます。



最初にスプリングとバーの取り付けです。

まずはこの長いスプリングをこのように設置し・・・・

















このようにスプリングがかかるようにバーを取り付けます。























L字のパーツはこのように配置します。

















次にこのパーツを組んでいきます。黒いシャフトは別パーツとなっておりますので取り付ける際に気を付けないとシャフトが脱落します。


















この位置に設置します。ちゃんとスプリングを矢印のところに引っ掛けておきましょう。

















スプリングが付いているパーツをこのように配置して・・・




















最後にトリガーを取り付けます。






別角度から見るとこの様な感じになっていればOK!






















Oリングとホップレバーを取り付けてからインナーバレルを取り付けます。



















いよいよ閉じる準備が出来ました!





















閉じる際に、こちら側のコッキングレバーの後端にある突起もピストンとシリンダーの間に入るようにします。のようになっていればOK!




















あとはさほど難しくはないので問題無いかと思います。どんどん組み立てていきます。

この2つのとホップ調整用イモネジも忘れずに!























アキュラシー向上を狙ってインナーバレルにアルミテープを巻いてみました。CA870のアウターバレルはこの位置でインナーバレルを保持しているので参考にされる方は必ずこの位置に貼ってください。














こんな感じになりました。


アウターを入れた時に少しだけキュッと抵抗感を感じる程度に巻くのがコツです。巻きすぎるとアウターバレルが取り付けられなくなります。














さて!気になる初速は・・・!?






平均92.7m/s


良いですね!

因みに弾は東京マルイ 0.2gプラ弾です。





ノーマルから3.2m/sの向上でした!





















そして気になるバネ鳴りは・・・・?




ビビり音が完全に無くなりました!素晴らしい!

ノンばいーん!!は自信をもってオススメできます。





分解・組立もそこまで難しくはないので是非チャレンジしてみてください。








というわけで中身に関してのカスタムはこれで十分なので後は外見のカスタムかな~?


個人的にこの先細りになっているアウターバレルがあまり好みではないのでストレートなブルバレルにしたいです。











ブルバレルはPDIから発売されていたようですが今は品切れということでどうしたものか・・・ブルバレルで素材がプラだと最高なのだけど。





http://www.x-fire.org/shotgun/ca870_outerset.html ページ内引用)





あと、ラプターグリップというのが流行ってるらしいのでそれも付けたい・・・。



https://www.gricegunshop.com/rgu81230-rem-870-tac-14-12-14-shockwave-raptor-grip.html ページ内引用)



でも普段のサバゲーで頻繁に使うものでもないので追々やっていこうかと思います。








ということでまた次回!







  

Posted by 大門団長 at 20:45Comments(0)CA870 ソードオフ

2018年10月08日

マルゼン ショットガン CA870 #2 初速アップ! 【分解編】

CA870を撃った後に鳴る「バイーン」というバネ鳴り音が気になるのでそれを解消する為にアングスの「ノンばいーん!!」をインストールしてみます。

バネ鳴りを解消しつつ初速アップも見込めるという一石二鳥な商品でございます。




今回はバネ鳴り音が消えたかどうかを録音したのでそれは【組立編】に載せてます。









CA870を購入する前にレビューなんかを見ていたら最近のロットはバネ鳴り音が解消されているという書き込みを見たので安心してたのですが、100発くらい撃ったらバネ鳴りするようになりました。

レベルアップサバゲーディレクターのてっちゃんの個体もサバゲーで使っていたら急にバネ鳴りが発生したとのこと。




バネ鳴りというのはスプリングが伸び切った際のビビり音なのですが、実際にゲーム中に敵に聞かれてしまうほどの音量でも無いのですがなんだか気になってしまうので解消したいと思います。












今回はスプリング交換ついでにCA870の分解方法解説の決定版となるよう、分かりやすく書いていきます。

まぁ諸先輩方のブログにもCA870の分解方法は記されてはいるのですが、どこにも書いてないポイントなんかもあるのでそういったところを補填していきますよ。














まずはグリップをプラスドライバーで外します。


赤〇は6角レンチで外し、青〇はピンなので叩いて抜きます。ピンポンチなどあれば良いですが、無ければプラスドライバーなどでも大丈夫です。抜ければ別になんでも。












トリガーガードは下に外せます。
















そのままガワを後ろ側に引っ張るとスルっと抜けます。その際、ダミーのイジェクションポートプレートも取れます。















メカボックス側面のパーツを取ります。スプリングはパーツの方にバチっとハマって固定されているのでスプリングが飛ぶことは無いかと思います。














逆側にはピンを固定するスプリングがハマっていますが、これはこのままで大丈夫です。




















次にマガジンチューブの先端のキャップを外し、スイベルを取ったらアウターバレルをそのまま前方に引っ張って取ります。






















マガジンチューブは手で回すと取れますので根本のプレートも一緒に取ります。
















ホップ調整用のイモネジはこの段階で取り外しておきましょう。
















次にフォアエンドを取り外します。


フォアエンドはコッキングバーに対してネジ留めや接着されているわけではなく、ただハメてあるだけですのでそれの取り方を解説します。















フォアエンドを前から覗くとこの様になっているので赤〇の隙間に細長いドライバーやラジオペンチなどを突っ込んで "こじる" ようにすると取れます。

















今回はラジオペンチを突っ込んで捻ると簡単に取れました。

















いよいよメカボックスを開けていきます。


まず最初にインナーバレルを固定しているのピンを叩いて抜きます。
このピンを抜くにはピンポンチがあった方が良いですが、買う余裕の無い方はサイズの合う6角レンチで叩けばなんとか取れます。
その後にのネジを外します。



のネジはトルクスの10番になっています。東京マルイ電動ガンのメカボックスと同じです。
T10と書いてあるやつですね。





















スプリングガイドがメカボックスに固めに取り付けられているので電動ガンのように弾けることはありませんが、一応慎重に開けて下さい。
























インナーバレルを外してホップアームも外しますがスプリングを飛ばさないように注意してください。イモネジの緩み防止Oリングも取ります。






















トリガー周りもで全部取り外します。


トリガー周りはややこしそうに見えますが、【組立編】でしっかりと順序立てて解説しますのでご安心を。

とにかく外したパーツは無くさないように注意!

















シリンダーとピストンも外します。
























スプリングも取り外してノンばいーん!!と交換していきます。

比べてみると純正の方が長いですね!ノンばいーん!!の方が細くて短いです。













長くなったので続きは次回の【組立編】で!

果たして初速はアップできるのか!?バネ鳴りは消えるのか!?こうご期待














  

Posted by 大門団長 at 21:47Comments(0)CA870 ソードオフ

2018年10月01日

マルゼン ショットガン CA870 #1 レール取付!

CA870は非常に命中精度の高いエアガンですが、アイアンサイトすら無いのでレールを取り付けてドットサイトを載せられるようにしたいと思います。




レベルアップサバゲーディレクターのてっちゃんは短めのピカティニレールを両面テープで貼り付けていましたが24耐の途中で剥がれてしまったようです。
やはり物理的に固定しないとダメでしたね。








CA870にドットサイトを付けられるようにするには本体にネジ穴を開けてVSRとかのレールを取り付けるというのが定番の工作になるようです。

他の方のブログとか見ていると私が以前に行ったM3ショーティにレールを付ける工作と同じような感じですね。

CA870のガワはかなり肉薄でして、レールを取り付ける工作はM3ショーティの時を思い出すとかなり面倒くさそうなので今回はサクっと専用のカスタムパーツを取り付けることにしました。











CA870専用のレールはいくつかのメーカーから発売されていますが、今回はG&Pのをチョイスしました。




レールは長めですね。




裏側にはレーザー刻印が入っています。


















当初は社外製の専用レールを付けると重そうなので樹脂製のレールを自分で取り付けることを考えていました。
軽いCA870の利点を殺したくなかったからです。


しかし、何気なくこのG&Pのレールの商品ページの詳細を眺めていると・・・・







ん?















んん?

















軽くない???



90gってピンと来ない方も多いかもしれませんが・・・・














電ハンのノーマルマガジンが99gなのでそれより軽いということです。














実際の重さはたったの72gでした!


持ってみるとビックリするくらい軽いです。















では取り付けしていきますよ。


ピンを叩いて抜き、両側のネジを外します。







レールに付属していたネジ穴付きピンを挿入します。


手で入れるには硬いので金槌で軽く叩きながら入れました。

別に金槌でなくてもドライバーの持ち手とかで良いと思います。


















あとは付属のネジで絞めてあっさり取り付け完了。作業時間3分くらいでした。


見た目は可もなく不可もなくといった印象が私の感想です。

ちょっと仰々しいのでもう少しシンプルだと良かったかな~理想を言えばレシーバーにレールがちょこっと載っているだけが良かったですが。






因みに↓のようにアルミのガワにレールが最初から付いているパーツもあります。メタルなので見た目重視の方はこちらのパーツも良いかもしれません。





























1つ気になったことがあります。
↓の赤丸のネジ穴自体はタップネジでねじ切りされた穴なのですが、G&Pのレールにはミリネジが付属していたという点です。



一応、付属のミリネジでねじ込むことは出来、固定も出来るので問題ありませんが、本来ならホームセンターなどでタップネジを買ってきた方がいいかもしれません。

ミリネジは山が浅いので絞めすぎるとネジがナメてしまうと思います。ただ、本来のタップネジの谷は死にはしないのでそうなったらタップネジを買ってくれば問題ないです。



因みに、元々本体を固定していたタップネジは長さが足りないので使う事ができません。

















レールには溝があるので簡易的なアイアンサイトとして使う事もできます。





サイトを載せる為のレールなのでこの溝を使うことはないと思います(笑)








レールの下にも空洞があります。


もしかしたらここもサイトとして使える!?

東京マルイから発売されていたM16ゴルゴ13Verにはスコープがハイマウントで取り付けられていて、近接戦闘時はマウントの大きな肉抜き穴からアイアンサイトを覗いてサイティング可能という機能があるのでそれに近いものを感じました(笑)










こちらからの見た目はシンプルなので好きです。




このレールは実勢価格が5000円なので少々お高く感じるかもしれませんが、たった72gしかないという点、誰でも簡単にポン付けできるという点を踏まえると決して高くはないのかなと思います。

材料買ってきて自分で加工して時間かけて取り付けるなら5000円払って3分で取り付け終了した方が効率的ですね。
















とりあえずC-MOREを載せてみましたが・・・・なんか違う感が・・・











軽さを生かしてマイクロプロサイト載せてみるか・・・?

























これだ!!!


バランス的にも良いですね。






















定例会に行った際、電動ガンが壊れた時用にバックアップとして持っていると安心できる一丁となりました。



レールは72g、マイクロプロサイトは30g、合計でたった102gしか増えていないのにドットサイトが使えるようになりました!


それってどれくらい?って思うCA870ユーザーは電ハンマガジンを載せて構えてみると分かりやすいかも(笑)







ということでまた次回!







  

Posted by 大門団長 at 21:00Comments(0)CA870 ソードオフ