2018年04月20日

東京マルイ スコーピオン mod M レビュー&分解

いや~まってました!スコーピオン mod M!


早速ですがレビューしていきたいと思います。



電動コンパクトマシンガンのカテゴリでは4つ目のモデルですね。厳密に言えばMP7のTANカラーを含めて5つ目ですが。








まず特徴的なのが追加されたハンドガードと長いマガジンですね!非常にメカニカルで、パっと見でカッコイイと思える比率になっています。ゴールドの挿し色もイカしてる。


このスコーピオン mod Mは東京マルイのオリジナルデザインなのですが東欧の小さい銃器メーカーがSHOT SHOWで展示しててもおかしくないような「ありそう」なデザインですね。

実銃の世界でも昔からある銃のアップグレードモデルやアップグレードパーツをいまだに作り続けていますからこういうのはアリですね。
調べるとM1ガーランドやスターム・ルガー10/22をブルパップ化するキットとか沢山出てきますよ。



というか実際に東欧の中小実銃メーカーに「スコーピオンのモダナイズドモデルを作ってくれ」と発注したらこういう形に行きつくかもしれませんね。















マガジンは260連のゼンマイ式多弾マガジンが標準で付属。














ストック基部はこうなっていて、ストック自体を上側にズラすとロックが解除されて折りたたみが可能になります。













ハンドガード側には金属の受けがあり、ここにストックがロックされます。

















この状態ではストックがフォアグリップの役割を果たします。


ストックはハンドガードのツメをラッチで挟み込むような構造になっており、スプリングでテンションがかけられているのでガタつきは皆無です。

赤丸のボタンを押し込むとロックが解除されるので再度ストックを展開することができるようになります。




















友人のワラシナから借りた普通のスコーピオンと比べるとこんな感じ。


なんだろう、比べて思ったのですが、無理やりピカティニーレールとかMロックとか搭載されて西側の大きな潮流に飲まれつつも微妙に東側のアイデンティティを残している感じがして好きです。

マルイさんがそれを狙ったかどうかは分かりませんが(笑)
















バッテリーと弾無しの状態でこの重さです。メチャクチャ軽いです。


「これくらいの長さの銃ならこのくらいの重さだろう」という共通の感覚を人は誰でも持っていますが、実際の重さがその感覚を下回っているのでかなり軽く感じます。

ですから、逆にノーマルのスコーピオンの方が重く感じるかもしれません。












ワラシナに借りたスコーピオンはドットサイトとか載っちゃってるのでこのくらいの重さ。













MP7A1はこのくらい。















MP7A1との比較。mod Mの方が短いです。ハイダーを裏返すと5cmくらいの差になります。















ストック基部はノーマルとmod Mも互換性があります。


まぁ、ノーマルスコーピオンのフォールディングストックをmod Mに取り付けても畳むことはできませんが。













チャージングハンドルを引くと上から同軸タイプのホップが現れます。この辺りはノーマルスコーピオンと同じですね


因みにチャージングハンドルはフルストロークではありませんので真ん中あたりまでしか引けません。
















ハイダーを取ろうとしたらアウターバレルが根本から取れてしまいました。


この王冠のようなハイダーの先端は怪我防止?の為に一応面取りされています。

それでもまぁまぁ鋭利なので、これで思い切り突かれると血が出そうです。












ですから、このようにハイダーを裏返しに付けられるようになっています。流石マルイさん。


サバゲーで使用する場合はインドア・アウトドア問わずこのスタイルの方が良いかも。

















アウターバレルとインナーバレルに微妙な隙間ができていたので、インナーバレルにセロハンテープなんかを貼ってガタつきを取ってやると集弾性が良くなりそうです。





















最大初速はなんと83m/sも出てました!



東京マルイのベアリングバイオ0.2gを使い、ホップをほんの少しだけ掛けた状態で最大初速になります。


適正ホップだと80m/sになりました。

電動コンパクトマシンガンにしては初速高いですね!






やたら初速高いのでもしかしてMP7も?と思い、2017年の夏に生産されたMP7を計測してみたら最大初速85m/sも出ました。
これは商品の撮影用に買ったもので、ゲームで使ってなかったのでこんなに初速高いって初めて知りました。





あれ?箱出しでこんなに初速高かったっけ・・・?

いつもゲームで使っている方の2012年2月生産のMP7は箱出しの最大初速が78m/sとかだったと思うのだけど・・・最近のコン電は初速高くなってるんですね!
今度分解して分析してみよう。




























さて、軽くですが分解していきたいと思いますよ~!

天面のネジとレシーバーのイモネジを最初に外します。












次にこのピンをこちら側から押すと抜けます。叩かなくても棒などで押すだけで抜けますよ。



















取れました。


インナーバレルの長さはMP7A1と全く同じでした。













ハンドガードを普通のスコーピオンに移植可能でした。


因みにハンドガード一式をアフター注文すると5400円です。



















さて、アッパーを外して2011年のメカボと並べて見比べてみます。




うん、変わってません。


2011年のメカボと今回のmod Mのメカボのガワは一緒ですね。

このメカボックスは前方がピストンの衝撃でヒビ割れしやすいので改良されてたりしないかなと期待していたのですが変わりはありませんでした。




初速上げたい方は強化スプリングはオススメしませんよ!すぐに割れますからね!(経験済み)

ノーマルスプリングでも割れたことがありますのでこのメカボで初速を上げたいならバレルやエアー関係で頑張ってみてください。

スプリングを変えなくてもこのピストンを入れたら3m/sくらい初速上がるハズなので今度やってみよう。











チャンバーも同じです。














面白いのがワラシナが自分で取り付けたネジと同じところにmod Mのネジがついていました(笑)


そりゃレール取り付けるってなったら誰が考えてもこうなりますよね。







以上のことからmod Mは単純にスコーピオンにパーツを追加したという感じでした。











さて、オプションパーツの着せ替えコーナーです!
持ってるオプションのパターンを全部試すと写真の量が尋常じゃなくなるので手の届く範囲に転がってたものを軽ーく。



まずはマイクロプロサイトから。うん似合うな!


マルイのイベント展示の時はマイクロプロサイトがこの位置に載っていましたね!

mod Mは軽いですから、個人的にはドットサイトも軽量なマイクロプロサイトがマストな選択かなと思います。

マイクロプロサイト関連の記事















私的にはハンドガード上に載せたスタイルの方が好きです。


















先日購入した新ロットのC-MOREレプリカを載せてみました・・・・うーん、これはどうだろう(笑)
アンチグレアの板がイジェクションポートを軽く塞いでるから実銃だとあり得ないですね。






スコーピオンにはコンパクトなオープン系かT1とかが似合いますね。











ノーマルスコーピオンのマガジンを挿してみました。当たり前ですが親和性がありますね。


















ドラムマガジン!

これは匍匐時に良い!耐久戦で疲れた時とかこの構成で戦ったらいいかも?




















ショートサイレンサーはかなり似合う!いいですね~!


発射音もかなり小さくなるのでコン電にサイレンサーはオススメですよ。













ということでレビュー&軽く分解でした。


税込み定価は28944円ですので割引されて23155円~20260円辺りなら「買い」っていう感じですね。
何度も書いてますが、どこのショップでも市場在庫が少なくなってくると値引き率が悪くなっていくので買うなら早めがオススメですよ。
最後の1個とかになると定価で売り始めるところも出てきますので。


そして市場在庫がなくなると次の生産まで手に入らなくなります。
とはいえ、最近の生産頻度は昔ほど悪くないですかから気持ちに余裕のある人はそこまで気にしなくてもいいかもですが。



全然関係ないですが3年前くらいにスコーピオンのドラムマガジンが1年近く生産されなかった時期があって、その時にヤフオクで8000円のプレ値が付いてましたね(笑)

あれは狂気を感じましたね・・・!






話が逸れましたが、このmod Mは軽いコンパクト初速高め多弾マガジン標準装備レール標準装備と、かなりナイスな商品になっています。

初速がスタンダード電動並みになっているのは良いですね。

あと、今までは電動コンパクトマシンガンの中でピカティニーレールが標準装備されていたのはMP7A1だけでしたから選択肢が狭まってしまっていた感はありますが、今回mod Mが発売されたことでマストと言える選択肢が増えたのは良いことですね。

最初から多弾マガジンが付属している点ではMP7よりいいかもしれません。


インドアやアウトドアのバリケ系フィールドを好んで行く人ならもうこれでいいんじゃないかと。





ただ、バッテリーが電ハン用のしか使えないのがネックかなと。MP7みたいにバッテリーを外付けするには配線を弄らないといけないし。

まぁバッテリー3本くらい用意すれば解決できる問題ですけどね。






なんかグリップ内を何とかすればもう少し容量の大きいバッテリーが入りそうな気がするので今後はこのmod Mを弄っていきたいと思います









ということでまた次回!











  

Posted by 大門団長 at 22:30Comments(0)

2018年04月18日

グロック用サプレッサー対応サイト!

新しいサイトを発売しましたので紹介させていただきます。


今回は太めのサプレッサーを装着していてもサイティングできるハイサイトを作りました!



電動グロック18CにACETECHのトレーサーを付けてサバゲーしていると、サイトがサイレンサーに隠れて対象物が見えなくなるのが気になったので作ってみました。













価格は税抜3200円


購入は以下からお願いします。

サバイバルゲームフィールドSTINGER通販部

ヤフオク


今回のは畜光が無い代わりに少し価格がリーズナブルになっています。


















サイトピクチャー


フロントは2.4mm径のレッド集光アクリルなので素早いサイティングが可能です。

















取り付けたところ。





ポン付け可能です。削ったりなどの加工は一切必要ありません。

ドライバーがあれば簡単に取り付け可能です。
















ACETECHやマルイのトレーサーを取り付けてもサイティングが可能です。



外径38mm以内のサイレンサーならドットが隠れることはありません。




ぜひよろしくお願いいたします!

サバイバルゲームフィールドSTINGER通販部

ヤフオク










  

2018年04月17日

C-MORE レプリカ 新旧比較 レビュー

M4 CRWに載せるドットサイトを何にしようかと考えていたのですが、ガワを全てプラにしているのだからドットサイトもプラだろ!ということでC-MOREに決定!


新しいロットのレプリカを買ってみたので新旧比較レビューしてみたいと思います。















2013年くらいに買ったやつは普通の身蓋箱でしたが、今回の新ロットではちゃんとしたケースに入っていました。



















中身はこんな感じで、新ロットからはサンシェード兼プロテクターが付属しています。ご丁寧にドライバーと3種類の六角レンチも付属しているという豪華ぶり。

前に買ったやつは本体のみで8980円とかでしたけど、今回の新タイプはこれだけ付属して5980円。

色々付属して品質も良くなっているのにだいぶ安くなりました。
5年でこんなにも変わるものか・・・。















プロテクターを取り付けてみました。















シルエットがだいぶ変わりました!





お~かっこいいんでないかい?











各部を古いモデルと比べてみましょう。

レンズ下の横長の穴の長さが違いますね。表面の質感も良くなっています。















赤〇のところを見るとのパーティングラインが異なっているので金型を作り直したっぽいですね。















刻印も新しい方がシャープになっています。写真では分かり辛いですが曲面の形状も若干違います。













新しい方のマウントはキレイなアルマイト処理されています。あとネジが無くなってますね。もしかしたら中身も変わっているかもしれないので今度分解してみよう。





















ということでM4 CRWに載せてみました。



いや、これはシンプルでかっこいいぞ。

因みにP-MAGは先日バトルシティーさんで行われたイベントでGUN MALL東京さんから買いました!














このC-MOREレプリカは構造が単純で視界も広く、ドットの調整範囲もそこそこ広いので選択肢の一つとしてオススメできます。西側、東側問わず長物でもSMG径でも何でも似合うので最初の1つにオススメできます。軽いですし。


いや~それにしてもこの品質の物が5980円で手に入るとは中華の物づくりのレベル向上を感じます。物によってはまだまだ安かろう悪かろうという認識は変わりませんが今回の新ロットは良いですね。


近いうちに分解&ドット小MOA化をしてみたいと思います。





















  

Posted by 大門団長 at 21:00Comments(0)■電動ガン■電動ガン M4CRW HC