2018年06月08日

インドア用装備の構築 その③ マガジンの携行について

今回はインドアでのマガジンの携行についてです。


基本的にはインドアでは電動ハンドガンを使い、マガジンはノーマルマガジンを使います。
ノーマルマガジンを使う理由としては、インドアでも匍匐に近い姿勢になるので100連マガジンは長くて邪魔になるのと、ノーマルマガジンはかさばらないからです。


ということでノーマルマガジンはモールベルトのパルスウェビングに挿して携行することにしましたが、ただ入れただけだと取り出しにくいのでライラクスのマガジンキーパーを買いました。








こんな感じでウェビングに取り付けることで電動ハンドガンのノーマルマガジンの携行をサポートしてくれるというものです。2個セットになっています。



Amazonで1500円でした。







取り出してみました。


対応しているのは電動ハンドガン全機種のノーマルマガジンです。
100連マガジンは非対応らしいです。








裏側













早速取り付け!予備マガジンを4本も携行すること無いんですけどとりあえず4つ付けてみました。


モールベルトへの取り付け位置は左後方です。

アウトドア用装備のマガジンポーチの位置と同じですね。
もうここから抜く癖がついています。



そしてマガジンを挿す方向は下側にしました。
その理由は後ほど。
















入れ口はこんな感じ。
マガジンキーパーが斜めにカットされていて、マガジンが挿入しやすくなっています。












受け部分はこのようになっています。
















マガジンを入れる際はこの向きだとちょっとユルいです。下向きだと落ちる可能性があります。









弾が外から見えるように入れればキツくなるので下向きでも落ちることは無さそうです。












で!マガジンを下向きに挿す理由ですが、下向きの方がマグチェンジしやすいからです。


上向きに挿していた場合、立っている時にマガジンを抜く動作をすると腕が結構しんどいのと、動きが大きくなり、バリケから肘がはみ出る可能性もでてきます。





また、ポーチがマガジンをガッチリとホールドしていた場合、マガジンを抜こうとするとモールベルトがそのまま上に持ち上がってしまいます。あと、上向きだと体を少し反らさないと抜きにくいので個人的には下向きに挿す方が合理的だと思っています。














このように下向きの場合は腕の動きを最小限にできますし、肘が張り出すこともありません。









マガジンがガッチリホールドされていても、下向きの場合はモールベルトが腰骨で引っかかっているのでずり下がることもありませんので、すんなり抜くことができます。
















座っている場合のマグチェンジの場合も同様で、上向きだと自分の体が邪魔になるので立っている状態よりも更に抜きにくくなります。


座っている状態だとマガジン抜きにくいのか、わざわざ立って抜いてから座り直す方を色んなフィールドで結構見かけます。
あとはマグチェンジする時だけわざわざモールベルトを回転させて体の前にポーチを持ってきたりとかですね。


このように、人は装備によって無意識に動きを制限されてしまっていることがあります。


それはアウトドアフィールドでも同様で、ベストやプレキャリを付けていると動きにくいので無意識に通りにくいブッシュや木々、狭いバリケゾーンなどの場所を避け、広めのスペースに行ったりします。また、ベストで上半身の柔軟性を失い、ニーリングより低い姿勢になれないので、そういった相手が自分の正面のバリケに入った時は腰高より下からは撃ってこない。等々、相手の装備を見てどういった行動を取るかをおおまかに予想することができ、自分の戦いを有利に進めることができます。



因みに、コンビニに入ったらほとんどの人が無意識にすぐに曲がって雑誌コーナーを通って奥のドリンクコーナーに歩いていきますよね?あれはわざとそういう行動をとらせるように作られています。最初にコンビニの一番奥に行かせ、売れ線のドリンクを手に取り、レジに行く間に様々な商品を客の視界に入れて購買させる確率を増やしているわけです。

サバゲーでも同じような現象があり、その人の装備によって、またフィールドの構造によってゲームスタートしたらだいたいの人がどこに流れていくか、進軍スピードはどの程度か?などを予測することができます。













で、座った状態でも下向きだとこのようにスマートに抜くことができます。


ただ、ガスブロのマガジンだとポーチを下向きにしてしまうと流石に落ちてしまうので厳しいですし、見なくてもマガジンの位置を覚えてマグチェンジできるような練習は必要になります。













色々と語りましたが、あくまでも私はこの方がやり易いし、サバゲーにおいての合理性を追求してこうなっているだけなので皆さんは皆さんのこだわりに従って装備を整えれば良いかと思います。




相手を倒したい、ゲームで勝ちたいと思っているにもかかわらず、自分が発揮できるはずの能力が身に着ける装備によって制限されてしまっていることを自覚していない方が結構いらっしゃるので、そういった方は装備を見直してみてはいかがでしょうか。


サバゲーというルールを有利に戦うと考えた場合、装備を増やすことは強さに繋がらない場合がほとんどです。

有利に戦いたいなら、”いかに装備を減らすか”です。

装備を減らせば動きやすくなって立ち回り力も上がりますし、被弾に気付きやすくなるので無意識ゾンビする確率もグッっと下がりますから良いことばかりです。



ただ、サバゲーを戦争ごっこと捉えて楽しむ方も多いですから、被弾に気付ける程度で好きな装備、好きな恰好でサバゲーすれば良いと思います。サバゲー初めて間もない頃は様々な装備に身を包んでゲームに参加するだけで楽しいですし、好きな恰好で遊べるのがサバゲーの懐深さでありますからね。

あまりにも厚い装備で無意識ゾンビになりそうなのはダメですけど。

サバゲーにおいての効率性と、どうしても付けていたい装備を天秤にかけて自分なりの落としどころを見つけてみてはいかがでしょうか。





ということでまた次回!







  

Posted by 大門団長 at 21:00Comments(0)■装備■ベスト・ポーチ類

2018年06月04日

東京マルイ エアコッキングガン COLT M1911A1 ガバメント レビュー

さて、3艇目のエアコキハンドガンが手に入ったのでレビューしてみたいと思います。


これはスティンガーのお客様から誕生日プレゼントとして頂きました!ありがとうございます!







【関連記事】

・エアコキ グロック17 レビュー

・エアコキ USP レビュー












さて、いつも通りまずは外箱から。アメリカの象徴的な.45ACP弾を強調してますね。


近代のオートマチックは9mmパラベラム弾を使用するものが多いですが、米特殊部隊などではストッピングパワーに優れた.45ACP弾を使用する1911を使用することがあり、専用のカスタムモデルもあります。

東京マルイの製品ですと、ガスブロのM.E.Uとかですね。














かっこいいですね~!グリップも細身で握りやすいです。


見た目の雰囲気も悪くないですよね。


定価は3500円です。












結構知らない方も多いですが、マルイの18歳以上用のエアコキの適正弾は0.25gです。0.2gを使うと10m~15mくらいから浮き上がります。


インドアフィールドの距離感なら浮き上がる前に着弾するので0.2gでもさほど問題ありません。









フレームとスライドは微妙に成型色に差をつけてあり、スライドはつや消し塗装がされていて質感が良い感じです。


















コッキングしていない状態でもセーフティをかけることが可能です。(実銃やガスブロだとハンマーがコック状態じゃないとセーフティをかけることができない)
















こちらはグリップセーフティです。ここを握り込まないと撃つことができません。
















ハンマーはこんな感じです。


スティンガーでもレンタル用に1911A1を用意していますが、このハンマーの折れる率が高いです(笑)












ランヤードリングも折れやすい箇所なので注意してください。



















マガジンはこんな感じ。実銃では.45ACP弾が8発なのでこのように薄いマガジンになっています。


最近のオートマチックは9mmのダブルカラムなのでこの薄型マガジンは逆に新鮮です。
















裏側はネジ止めされてます。


マガジンの中には鉛が入ってますので抜くと軽くなります。

マガジンは800円で別売されています。




スティンガー定例会ではエアコキハンドガンだけで戦う方も多く、このガバメントは人気ですね。

















マズルは太くて雰囲気抜群です。確かにこれだけ太い口径だとハンドキャノンという愛称は理解できます。














グリップはプラですが、木っぽい感じを再現しています。














サイトはスライドと一体成型になっています。













サイトピクチャー


個人的な感覚としてはフロントサイトが小型で少し視認し辛いので色を塗るなりした方が使いやすいかなと。

















コッキング時のストロークはガスブロよりも1センチくらい短いです。



SⅡSのエアコキみたいにフルストロークが良かったな~更に全弾撃ちきったらスライドストップ掛かるとかのギミック搭載して欲しかったな~!

マルイさん、何とかお願いします!!



というかエアコキハンドガンの新製品をお願いします!!

P99とhudson h9が欲しいです!!

















説明書には記載していませんが、M1911A1はエアコキシリーズの中でも後発のモデルなのでスライドストップレバーを抜けばフィールドストリッピングが可能。


メンテナンスの為の簡易的な分解をフィールドストップといいます。

兵士が前線で工具無しでもメンテできるようにするためのものですね。






分解するとアフターサービスが受けられなくなるので皆さんはやらないようにしてください。















バレルを覗くと固定ホップが見えます。

















で、戻すときはスライドを前から入れて・・・・

















穴を揃えた状態でスライドストップレバーを差し込めば元に戻せます。






















トリガーのストロークはこんな感じ。コッキング状態での遊びはゼロです。






まぁほとんどのエアコキはトリガーに遊びありませんが、ソーコムはめっちゃ遊びがあります。

サバゲーで正面のバリケから少しだけはみ出た相手に当てたい!みたいなシャープシューターの方はセンチメーターマスターとかオススメですよ。





このM1911A1はグリップも細身ですし、スライドもシンプルで掴みやすい形状をしているので女性にもオススメの機種ですね。


いや、ホント質感いいですよ。フレームとレバー類がプラ特有のテカりがあるのでツヤ消しスプレーするか、メタリック塗料で金属感を出せばガスブロと見間違えるほどになるんじゃないかな。



そういや、分解した時に面白いことを思いついたので時間ある時に試して記事にしたいと思います。

お楽しみに。





ということでまた次回!








  

Posted by 大門団長 at 21:00マルイ エアコキ ガバメント

2018年06月02日

インドア用装備の構築 その② アローンフード!

新しい装備を買ったのでレビューしてみたいと思います。



新しいと言っても買ったのは去年末なんですが(笑)
最近は色んなものが渋滞しててレビューしたりするのが結構遅れてます。


このフードの正式名称は「Tactical Alone Hood」です。要は独立したフードってことですね。

7400円でした。





普通のBDUなんかの上からこれを付けることでフードを被ることができます。



タイトルではインドア用装備としていますが、元はと言えばアウトドアでの頭装備を新調するのにアローンフードのマルチカムトロピックを買おうとしたんですが、せっかくなのでインドア用も買っちゃおうということでマルチカムブラックも一緒に購入したのです。

こういうのは見つけた時に買っておかないと後から手に入らなくなることもあるので奮発しました(笑)









製作しているのはスケルコムという北海道札幌市のメーカーです。


x115x Taylorさんのスニークフードといい、国内のテーラーメイドのオリジナル装備は面白いのでつい手を出してしまいます。

スニークフード関連の生地はコチラ





マルチカムトロピックの方はレベルアップサバゲーの方で紹介しているのでそちらを見てください。















今回は一応インドア装備ということなのでマルチカムブラックの方をフューチャーして紹介していきますよ。

色々説明が難しいので、百聞は一見に如かずということで装着した姿を見てもらいます。


と、いうことです。






まさにフードだけ!野外だと頭の輪郭を少しぼやかす効果もありますが、私がこのインドア装備にこのフードを採用したのは横から見た時の顎から耳にかけての肌を隠すことですね。

まぁ上の写真はフードを絞ってないので肌丸見えですが(笑)











バンジーコードが付いているので絞ればフードのダボつきが無くなり、肌色を隠せます。



インドアで肌を隠す理由としては怪我しないようにですね。血とか出ちゃったり、思いっきり赤く腫れたりすると撃った相手が引いちゃうので。

結構な近距離から首筋を撃たれることもあるのでスティンガーのお客さんにもパーカーでフードを被ってプレイするのをオススメしています。












まぁマルチカムブラックのパーカー着ればいいだけの話なんですがこういう珍しい装備付けてたらオシャレな感じがするので今後はこれを使ってみたいと思います。

それにアローンフードだとシャツとかでも大丈夫ですしね。

好きなTシャツで合わせられるのは良いです。パーカーだとフルジップだから隠れちゃうし。













後ろにもバンジーコードが付いているので前後幅を絞ることができます。


私は一人称視点の動画を撮る際にパナソニックのHX-A1Hを使うのですが、あのカメラは側頭部に取り付けるのでこの伸縮機能があるとフードがカメラに被らなくて助かります。


HX-A1Hの生地はコチラ






ただ、後頭部のバンジーコードを絞ると頭に生地の余りが寄ってしまうのでめちゃイケの横須賀社長(知ってる人いるかな?)みたいに頭が尖ってしまい、シルエットがカッコ悪くなるので出来ればこんな感じにもう一本バンジーコードで絞れるようにできると良かったですね。後から付けてもらえるのかな?


まぁ後頭部のバンジーコードを絞らなければシルエットはカッコイイから大丈夫っちゃ大丈夫なのだけど。











首の後ろは生地を多めに設けてあるのでうつむき姿勢になっても引っ張られることがないので考えられてるなと。


因みに、生地は実物を使っています。


















夏場はちょっと暑そうですが、しばらくこれでサバゲーしてみたいと思います。




ということでまた次回!