2016年02月20日

グロック26アドバンスにハイブリッドサイトをつける!

前回投稿したサバゲー戦術の瞬間最大アクセス数がブログ開始以来最高でした。


もっぱら昨今のサバゲーと言えば、米軍のコスチュームに身を包み、ゲームの雰囲気を楽しもう的なのがトレンドで、勝ちに拘りすぎることがなんとなくタブーとされているような空気が漂ってる中で「サバゲー戦術」というガチの内容がヒットするって結構私的にビックリしています。

あの記事を投稿した次の日に全国アクセスランキングが9位に上がるってことは、みなさん実は意外と強くなりたいのかな?とか思いました。


需要があるならたまにサバゲー戦術について書いていこうかなーと。



サバゲーは上手くなってからの方が楽しいですしね!
次は前回の内容をもう少し深く掘り下げて書く予定です。




まぁそれはまた今度にして、今回は依頼ネタです。

















先週発売したグロック17用ハイブリッドカスタムサイトですが、「グロック26アドバンスに付けて欲しい!」との依頼があったのでお受けしました。




グロック26アドバンスのリアサイトはグロック17と同じですが、フロントサイトが独自の形状になっているので取り付けできないんですよね。

最近は3DCGで原型ばっかり作ってますが、手作業でも出来るんだぜ!ってところを見せたいと思いますよ~!

(こういうのが一番需要無いんだろうな~)









グロック26アドバンスと言えば攻殻機動隊でバトーが持っていたのが元ネタですよね。

私はTVアニメシリーズで攻殻機動隊のファンになったので新しい劇場版の雰囲気に馴染めませんでしたね(笑)















ってことでまずは分解していきますよ!

裏返してアンダーレールを外します。

2本のネジを外すだけ。











レールを外したら現れる大きめのネジを1本外します。















これで先端が外れます。



















あとは通常のグロック同様にスライドを外し、裏側のリアサイトを留めているネジを外します。














あとは普通に取り付けるだけ!






これでリアサイトは完了!





















お次はフロントサイトです。

フロントサイトはネジ留め式じゃなく、横から入れるスライド式でした。





私が作ったフロントサイトはネジ式なので、アドバンスに取り付けられるように改造していきます。























土台部分が厚さ2mmだったので1mmプラ板を2枚積層したものを用意。










使用する道具はこんなもんです。特殊なのはリューターくらいかな?




















ヤスリで削って土台と同じ物をつくりました。




もちろん削る前に定規やデジタルノギスで元のサイトをしっかり採寸しますよ。

採寸して、長さや角度なんかをプラ板に印をつけてから削ります。
















ほらピッタリっすよ!




大門団長の手作業はデジタル並みだぜ~!


って、少し調子に乗りましたがこれくらい出来る人は結構居ます(笑)












強度を考え、フロントサイトと土台はネジで結合することにしたのでネジ穴を空けていきます。

対角線を引いてこのパーツの中心を割り出します。





















あとは穴をあけるだけ~!















裏側はネジの頭が入るようにリューターで削りました。



























あとはサイトと土台を結合させて色を塗ってつや消し処理をすれば完成!


















取り付けたときのキツさも調整したので普通に使ってても抜けることはまず無いと思います。

































アドバンスにつけても似合うな!
















ということでまた次回!





























同じカテゴリー(■ガスガン■)の記事
M92F 近代化改修!?
M92F 近代化改修!?(2016-05-05 09:30)

この記事へのコメント
いつも勉強させて頂いております。
今回は、ご相談なんですが当方スコープにタミヤスプレーにて塗装しておりました。
この度その塗装を落としたいと思いまして色々調べております。
団長様のおすすめの方法があればご教授頂きたいです。
よろしくお願い致します。
Posted by tac at 2016年02月27日 19:42
tac様

コメントありがとうございます。

スコープの素材が金属の素地の場合はGSIクレオスのツールクリーナーやタミヤのツールクリーナーを布やティッシュ等に含ませて拭き取るのがベターかと思います。その際、レンズにクリーナーが付着すると白く変色してしまう場合が有りますので注意して下さい。
ホームセンターなどで売っているツールクリーナーでもOKだと思います。

ツールクリーナーはニオイがキツいので、ちょっと威力が弱くなりますが、新撰組の塗装バスターなどもオススメです。

紙やすりで削り落とす方法もありますが、素地が傷つくのでオススメはできないですね!
Posted by 大門団長大門団長 at 2016年03月01日 00:29
丁寧な解説ありがとうございます。
クリーナーで磨いてみます。
此方のブログのお陰でいつも助けられています。
これからもよろしくお願い致します。
Posted by tac at 2016年03月01日 12:28
本日、やっと作業が出来まして…クレオスのクリーナーで綺麗になりました!
本当にありがとうございました。
m(_ _)m
因みに以前作成して頂きましたMP7のドラムマガジンも快調に使わせて頂いとります。
重ね重ねありがとうございました。
Posted by tac at 2016年03月12日 20:32
tac様

お力になれて嬉しく思います。
また何かありましたらお気軽にご相談ください。
Posted by 大門団長大門団長 at 2016年03月13日 11:24
※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。