2014年08月04日

VFC M4 ES スティンガー ② プチ軽量化

前回レビューしたVFC M4 ES Stingerですが、発射音が甲高くて煩いので電動ハンドガンに付けていたスタウトサイレンサーを取り付けてみました。







やっぱり破裂音が抑えられるとかなり静かになりますね~!








そんで、サイレンサーをつけたらなんか軽くなったなーと思って最初に装着されていたハイダーの重さを量ってみると・・・・・































重すぎぃぃぃぃ!!!

世界一重いハイダーなんじゃないのこれ














スタウトサイレンサーはこのくらい





短くて重いモノを外して長いけど軽量な物を先端に装着したおかげで感覚的に軽く感じるようになりました。


















フリップアップサイトも使わないので外しました。





スタウトサイレンサーで重さが相殺されて163gの軽量化!







もしかしてハンドガードも重いんじゃ?と思って外して重さを調べてみると・・・・・



















ハイダーより軽いやんけ!!



ハンドガードはこのままでいこう


















因みにハンドガードは下のイモネジを2個外して、レール自体を反時計回りに回すと外せます。めっちゃ硬いのでレールの穴にペンチを差し込んで金づちで叩かないと手の力じゃ外せなかったですicon10






















ストックもムダなモノがあるんじゃないかと気になったのでチェック~



後端のフタを手で回して取ると、中が空洞に!



ストックを固定しているネジの下に配線を通す為の穴が設けられてますね



ということはストックにバッテリー入るんかな?と思ってとりあえず一番小さい電動ハンドガン用のリポバッテリーを入れてみると






















全然収まらんやんけ!!

変に期待させやがって(笑)




それともあれかな?ストック基部にガーミンポーチ付けてそこにバッテリー入れるときにこの穴使ってください的な?まぁよく分りませんが前配線で大丈夫そうです。














銃を構えてドットを覗きながらカットパイをしてみると下の方がPEQ-15に隠れて見難かったのでPEQは横にとりつけることにしました。

















サイトロンのSD-30ドットサイトを付けるとこんな感じ。全然似合いますな!この銃の性格上精密射撃する機会は少ないのでレプリカのC-MOREでいいかなーとも思ってます。でも剛性という観点からは絶対にSD-30なんだよな~でもマウントのせいで少し重いという・・・迷うな

















ということでハイサイクル化するためのパーツが揃ったので次回から分解してカスタムしていきますよ~!




















ところで、先週の土曜日は秋葉原で大学時代の友人達との飲み会があったのでついでにワラシナとミリタリーショップ巡りをしてきました。

時間があったので御徒町~秋葉原~神田へと散歩。






















東京の街を闊歩するワラシナ。最近プールに通っているらしく、痩せたとアピールしてくるものの全く以前と変わらぬ体型のワラシナ。


















カメラに気づいたワラシナ。こっちみんな



























では恒例のワラシナビフォーアフターのコーナー!!


















大学時代




































今。  取り返しのつかないところまで来てしまっているようです。



たっちゃんの彼女に自分がバック転からのバック宙が出来ることを説明していましたが、この体型なので信じてもらえてませんでした。

市立船橋体操部部長だった面影は皆無。こうはなりたくないものですね。




















ではまた次回!








VFC M4ES Stinger(Black) 電動ガン 18才以上

VFC M4ES Stinger(Black) 電動ガン 18才以上
価格:35,251円(税込、送料別)


















同じカテゴリー(電動ガン VFC M4 スティンガー)の記事
※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。